職人と技
枡とお酒と塩の関係

枡 イメージ
サイズの違う枡

日本酒を枡で飲む際には、ちょうど唇の端にあたるくらいの位置に塩を盛ります。塩は、料理屋さんや居酒屋さんなどの玄関先で見かける「盛り塩」と同様に、「縁起もの」の意味があります。
お酒はお米から出来ているので、昔から塩辛やからすみなど「珍味」といわれる塩気の強いものが親しまれてきました。現在でもお塩や味噌をつまんで肴にしてお酒を呑む人もおり、西洋のお酒でも「ソルティードッグ」など、グラスの縁に塩を添えて飲むものがあります。
やはり和洋問わずお酒には塩気のあるものが好まれるようです。



営業エリアは日本全国。海外発送もお任せ下さい!

枡販売カンパニーの営業エリアは日本全都道府県はもちろん、世界中のお客様にむけて海外発送にも対応しております。 最近はヨーロッパやアメリカ、アジアなど海外の日本食レストランや、現地で鏡開きなどのセレモニーを行う企業からのお問い合わせが増えてきました。
日本酒を一番美味しく飲むなら、昔から日本人が馴れ親しんできた本物の枡をお勧め致します。日本の伝統文化を、これからも日本国内、国外問わず、精一杯ご提供していきたいと考えております。


枡が欲しくなる話は、まだまだあります!
枡写真1枡 写真2