職人と技
柄杓枡

持ち手があるので柄杓(ひしゃく)のように使える枡です。従来までの先の丸い柄杓とはまた違った感覚です。
サイズは一合枡と同じものを使用しており、これを使って乾杯の席で樽酒をすくえば、盛り上がります!
おつまみやお惣菜だけではなく、珍しいもの、目新しいものもまたおめでたい席を一層賑やかにする祝い酒の肴となります。 素材はもちろん、香り高く古くから日本で親しまれてきた木曽桧を使用しております。

柄杓枡 イメージ

柄杓の先端にあるのは、四角形の枡!物珍しさに、食いつくお客様もいらっしゃる筈です!

柄杓枡 寸法図

40センチほどある持ち手で、樽に入ったお酒を入れて呑みましょう!

柄杓枡 イメージ 柄杓枡 比較図

枡の側面に切り込みを入れて、それから柄(持ち手)の部分を差し込んでいます。
竹製の柄杓では味わえない香り豊かな樽酒をお愉しみ下さい。


【商品名/商品番号】柄杓枡 KAN-077
【持ち手部分】長さ(L)435×縦幅15×横幅10mm
【枡部分外寸】幅(W)85×奥(D)85×高(H)47mm
【枡部分サイズ】幅(W)60×奥(D)60×高(H)37mm
【材質】木曽檜(ひのき)
※在庫状況によってサイズが変わる場合がございます。

こだわり

枡のこだわりの製造過程を写真でご紹介致します。
天然乾燥、裁断、溝彫り、枠の接着、面を整える、仕上げ、角取り、在庫、梱包。焼印ももちろん出来ます。
ひとつひとつ、職人が手を加えてお作りしております。

枡の天然乾燥

天然乾燥。
天然乾燥の効果として、雨風に当てる事により材料の収縮を押さえる事が出来ます。 出来るだけ風通しを良くするために、組み方にもこだわります。
建築に使われる本物の木曾ヒノキの端材を使用しており、良い材料は長時間屋内で乾燥させます。
適切な水分を含んだ材料に仕上げるのが目的ですので、材料の質と時期によって乾燥期間を1ヶ月〜4ヵ月程度かけ、屋外で天日干しする事もあります。

裁断イメージ1 裁断イメージ2

裁断イメージ3 裁断イメージ4

裁断。
一つ一つ確認しながら次の行程に進みます。木目、フシなど悪い物はこの過程で取り除いていきます。
一定の幅や寸法に狂いが無いよう細心の注意を払います。
裁断する機械の優れているところは、一定の厚みにして両面を綺麗に削り上げるところです。
裁断は可能な限りお客様へ低価格で商品をお届けする為に、コストを抑える事と、エコの目的の両面から、材料の無駄が出ないように考えて行います。

溝彫り1 溝彫り2

溝彫り。
木の表面を削って、枡の大きさにカットした後、枠の溝を掘ります。
歯の部分は丁寧で確かなメンテナンスを行います。歯のこぼれがないように、表と裏を丁寧に時間をかけて研磨する事で、枡の仕上りが格段に良くなります。

枠の接着1 枠の接着2

枠の接着。
溝にまんべんなく、人体に無害な木工ボンドを塗り、枠組み機を使って枠組みを作ります。 枠の接着後、底面接着前に、もう一度特に気をつけて確認します。一つ一つの行程でもチェックしますが、ここでは組みが弱いものや節のあるものを目視して確認しています。 木工ボンドは人体に害のないものを使用しています。 「財団法人科学技術戦略推進機構 高分子試験・評価センター」発行の証明書や、「財団法人日本食品分析センター」の分析試験成績書も頂いております。どうぞご安心下さい。

枡 面部調整1 枡 面部調整2

面を整える。
面を整える円盤状の機械は、円盤カンナと申します。
職人は出来具合を目で確認するというよりかは、全て耳で分かります。音でかたちを整えていきます。
面を整えるうえで注意している事は、寸法を一定に保つようにして、ここでもヒビや節のチェックを行います。

仕上げ写真1 仕上げ写真2

仕上げ。
仕上げでは水につけます。水につける事で木が膨れてつなぎ目がより密着するのです。加えて、ツヤも出ます。 仕上げで最後にヤスリにかける時は、カンナの回転数を耳で聞いて4面を均一に削ります。

角取り写真1 枡の角取り写真

角取り。
これが最終の行程ですので、確認をしながら、全ての面に気をつけて削ります。 枡の表面を合わせて均一に削り取る事で、形の統一感や、手で持った時の滑らかな触り心地、 そして口をつけた時の木の柔らかさをより一層と感じる事が出来ます。枡の表面を合わせて均一に削り取る事で、形の統一感や、手で持った時の滑らかな触り心地、 そして口をつけた時の木の柔らかさをより一層と感じる事が出来ます。

在庫写真 倉庫にて撮影写真

在庫。
出荷日まで保管します。

梱包写真 梱包写真2
梱包写真3 梱包写真4
梱包写真4

梱包。
日本古来より伝わる伝統と木の温もりを多くの方に知って頂けたら幸いです。 一つ一つに想いをこめて、出荷致しております。

価格

柄杓枡の価格ですが、
■枡の数(大口割引御座います)
■焼印の有無。焼印有りの場合はその面数。
■オリジナル焼印デザインか、既存の人気焼印デザインか。
■枡袋や寄贈用枡箱などのオプション品の有無。
■送料
以上、5項目の合計が総額のお値段になります。

柄杓枡 KAN-077 販売価格

1個につき:771円(税込)〜



営業エリアは日本全国。海外発送もお任せ下さい!

枡販売カンパニーの営業エリアは日本全都道府県はもちろん、世界中のお客様にむけて海外発送にも対応しております。 最近はヨーロッパやアメリカ、アジアなど海外の日本食レストランや、現地で鏡開きなどのセレモニーを行う企業からのお問い合わせが増えてきました。
日本酒を一番美味しく飲むなら、昔から日本人が馴れ親しんできた本物の枡をお勧め致します。日本の伝統文化を、これからも日本国内、国外問わず、精一杯ご提供していきたいと考えております。



注意事項

・表面に付いた糊やヤニは、水洗いでは取れません。
 (無害ですので不必要に長時間の水洗いや水に浸すのはおやめください。)
・数秒間の熱湯消毒は可能ですが、本来木曽檜(ひのき)には殺菌力があります。消毒はほとんど必要ありません。
・熱湯消毒を行う場合には、使用直前に数秒間で行ってください。
・直射日光の当たるところ、高温強風の急乾燥(食洗機など)は避けてください。
 また、冷蔵庫や氷で冷やさないでください。
・木の粉が気になる方は、固く絞った布巾などでお拭き取りください。
・洗う場合は使用直前に短時間で熱湯掛けを行い、すぐに乾いた布などで水気を良く取った上で、低温風か風通しの良いところにて短時間で乾かしてください。
・当社、枡製品は耐水性が低いため、一度使用された枡を再度使用される場合は木材の伸縮により、まれに漏れる場合がございます。
・枡に使用している接着剤は、人体に無害なものを使用しております。安心してお使いください。
・枡のご使用までお時間がある場合、保管は冷暗所もしくは風通しの良い所で行って下さい。



お勧め商品

この枡を購入したお客様は、あわせてこちらのページもご覧になっています。

  • 一合枡 一合枡

    スタンダードな一合枡です。
    日本酒を飲む祝杯として古くから人気です。
    合(ごう)と呼びます。 約0.18リットル=180ml。
    目安として、大体通常のコップ一杯分で200mlです。

  • 一枡枡 一枡枡

    一枡枡です。一合枡の10倍の大きさになります。
    枡(しょう)と呼びます。約1.8リットル=1800ml。
    目安として、大体大きなペットボトルで1.8Lです。

  • 絵焼印枡 絵焼印枡

    絵焼印枡です。サイズは各種ございます。
    既製品としては5勺、8勺、1合、5合、1枡をご用意しております。

  • 無地枡 無地枡

    名入れをしていない、無地の枡です。
    名入れがない分、お安く出来ます。サイズは各種ございます。 既製品としては二勺、5勺、8勺、1合、5合、1枡をご用意しております。

  • 人気文字枡 人気文字枡

    人気文字枡です。寿、祝、福、絆などの一文字から、 安全祈願、開店祝、新築祝、商売繁盛などの文字列まで、 寄贈に人気の文字焼印です。

  • 五合枡 五合枡

    通常タイプの五倍の大きさの枡です。 大型なので、お米やお酒の計りだけでなく木製インテリアや収納ボックスとしても役立ちます。 目安としては、炊飯器ほどの容量です。

枡写真1枡 写真2